アルミホイール修理の長野北信「TR.one」ホイールリペア専門店

アルミホイール修理(アルミホイールリペア)、革シート(レザーシート)、ステアリング(ハンドル)、ダッシュボード補修専門店の【ティーアール.ワン】

アルミホイール修理(ホイールリペア)明瞭価格でスピード修理!費用を抑えてリフレッシュ!ガリ傷、欠け、腐食も綺麗に再生!カラーチェンジにも対応致します。
修理は塗装タイプからアルマイトタイプ迄対応!アルミホイール修理(ホイールリペア)をご検討でしたら信頼と実績の長野県「TR.one」へ是非お任せ下さい。
このページでは仕上がり具合や施工対象、施工対象外についてのご案内をさせて頂いております。

アルミホイール修理(ホイールリペア)は長野北信「TR.one」で!!

アルミホイール修理・塗装でがり傷、欠けをスピード修復!ホイールリペア専門

アルミホイールは、愛車のドレスアップに欠かせない重要なパーツですが、反面、縁石に擦ったりと傷を付けてしまう可能性の非常に高いパーツです。 傷が付いたままですとせっかくの愛車のイメージも台無し、新品アルミホイールへの交換と思っても、近年では純正アルミホイールでも大口径化が進み、 簡単には買い替えの出来ない高価なパーツになっています。

そこでアルミホイールの修理をご検討されては如何でしょうか。 買い替えより大幅に費用を浮かせ、ガリ傷程度なら強度を落とす事無く、綺麗に修理する事が可能です。

中にはDIYで修理にチャレンジしたけど返って酷くなり失敗したなんていう方も居るかと思いますが、そんなホイールでも当店にお任せ下さい。

アルミホイールのガリ傷で台無しなっている愛車の足元を修理で綺麗に再生してみませんか、再び愛着が沸くこと間違いなしです。
是非、専門店の当店にお任せ下さい!

アルミホイール修理ホイールリペア)特徴

チェック

アルミホイール修理のご依頼はタイヤが付いたままでもOK!

チェック

近年、高級ホイールに増えているハイパー塗装にも対応!

チェック

色褪せたホイールも再生!ボディー色への色変えにも対応!

チェック

宅配便でお送り頂ければ、もちろん全国対応致します。

チェック

北信地区のお客様であれば、お預かりにお伺い致します。

チェック

カーディーラー様等、多くの法人様にご利用頂いております。

アルミホイール修理(ホイールリペア)施工事例

▼シルバーメタリックタイプ施工事例▼

シルバーホイール修理前
Before
矢印
シルバーホイール修理後
After

最も一般的な、シルバーメタリック塗装の施されたアルミホイールです。写真は、周上全体にガリ傷が有りましたが、ディスク面(デザイン面)には幸い傷は無く、周上のみの部分補修にて仕上げています。 当店では出来るだけ、オリジナルの部分を残すよう最小限の範囲を修理する事で、無傷のアルミホイールとの違和感がなるべく出にくいよう修理、塗装を行っております。

シルバーホイールのガリ傷でお困りの方は是非ご相談下さい。
遠方の業者様も大歓迎です。ご依頼方法はこちらをご覧下さい。

▼ハイパー塗装タイプ施工事例▼

ハイパー塗装タイプ修理前
Before
矢印
ハイパー塗装タイプ修理後
After

ハイパー塗装タイプとは金属的な光沢をもった特殊塗装が施されたアルミホイールです。このアルミホイールは通常のシルバーのように単に調色した塗料を塗装したものではなく、 特殊塗料の下に下地色(ブラックやグレーなど)を塗装し、その上に特殊塗料を塗装し、下地の透け具合を調整して仕上げられたアルミホイールです。
作業工程も多く下地の状態が仕上がりにもろに影響しますので繊細な作業が必要で、 このタイプのアルミホイール修理には高い技術が必要になります。
ハイパー塗装ホイールは近年、外車や国産高級車の純正アルミホイールとしても増加しています。写真のアルミホイールは、部分修理にて仕上げています。

ハイパーホイールのガリ傷でお困りの方は是非ご相談下さい。
遠方の業者様も大歓迎です。ご依頼方法はこちらをご覧下さい。

▼ポリッシュタイプ施工事例▼

ポリッシュタイプ修理前
Before
矢印
ポリッシュタイプ修理後
After

ポリッシュタイプは表面を旋盤で削り上げ、アルミ自体の光沢を出しクリアー塗装で仕上げられています。種類によって鏡面仕上げ、ヘアーライン(レコード盤の溝の様なものでダイヤカットなどとも呼ばれている)仕上げなどがあります。
写真は、細かなヘアーライン仕上げのされたホイールで、リムの立ち上がり部分が大きく削られた状態でした。さすがにこのケースは傷が深いので、アルミ溶接にて盛り付けをし、溶接を行う事で溶接部周辺に焼けが起きますので、 リムの淵から2cm位までを全周(部分的だと修理跡が目立つ為)にわたり磨き込みヘアーラインを再現(元と同じには再現出来ません)し、クリアー塗装で仕上げています。
近年ではこのポリッシュタイプ特有のヘアーラインを3Dタイプのコンピューター制御された旋盤を使い再現する事が可能になってきていますが、まだまだ施工価格が高価で時間も掛かるのが現状です(価格¥35,000〜 納期1ヶ月〜)。
より仕上がりを重視される場合はそちらをお勧めしますが、時間や費用面を優先される場合は、写真でもご紹介してるような手作業での修理(通常施工)となります。

ポリッシュホイールのガリ傷でお困りの方は是非ご相談下さい。
遠方の業者様も大歓迎です。ご依頼方法はこちらをご覧下さい。

▼アルマイトタイプ施工事例▼

アルマイトタイプ修理前
Before
矢印
アルマイトタイプ修理後
After

アルマイトとはアルミに電解処理を施し、表面に酸化皮膜を形成させ耐腐食性を向上させたアルミホイールです。
リペアでは再アルマイト処理は出来ませんので磨き込みによる鏡面研磨にて仕上げます(細かな研磨目が残る為、元と同等の光沢にはなりません)。
写真は、デカール部分に出来たガリ傷で、この程度なら溶接せずに磨き込み修理で仕上げます。
ポリッシュタイプ同様部分的では修理跡が目立ちますので全周磨き込みます。その後、酸化防止の為コーティングを施し完成となります。
よって今回の様にデカール等が有ると剥離する事になりますが、このアルミホイールは部品としてデカールを取り寄せ出来ましたので最後に貼り付けています(プラス数千円)。
※アルマイトタイプの修理は施工によりアルマイト層を除去する事になり、生アルミが空気に晒される状態になりますので、磨きっぱなしの状態ですと、遅かれ早かれ酸化により補修表面が白濁してきます。その為、酸化防止の為のコーティングを行い仕上げますが、 永久的なものではありませんので、時間と共にコーティングも劣化し効果が薄れてしまうという事をご了承頂きます様お願い致します。

アルマイトホイールのガリ傷でお困りの方は是非ご相談下さい。
遠方の業者様も大歓迎です。ご依頼方法はこちらをご覧下さい。

施工対象ホイール

① シルバーメタリックタイプ

シルバーホイール

極一般的なシルバー塗装のアルミホイール、全面修理施工対象となります。シルバー以外のカラーも修理施工対象です。ご相談下さい。ハイパーカラーやボディーカラーへのカラーチェンジなどもご相談下さい。

» シルバーホイール修理料金表

② ハイパー塗装タイプ

ハイパー塗装ホイール

施工事例でご紹介させて頂いた様に、金属的な光沢を持ったアルミホイールです。全面修理施工対象となります。ハイパーシルバー、ハイパーブラック等、種類が御座います。

» ハイパーホイール修理料金表

③ ポリッシュタイプ

ポリッシュホイール

基本的にはリム部分のみ修理施工対象となりますが、写真のようにディスク面(デザイン面)に塗装が施された物はディスク面の施工も可能です。
※ポリッシュタイプの通常施工は手作業での仕上げとなります。

» ポリッシュホイール修理料金表

  ▼ ポリッシュ タイプ別施工イメージ

ポリッシュホイールタイプ別1

ポリッシュタイプには幾つかデザインのタイプがあります。
先ず左画像のようにアルミホイールのリム部(淵の部分)に立ち上がりのないタイプでは傷の大小に拘わらず緑矢印内が修理範囲となり赤矢印部に施工部と未施工部の境界ラインが出来ます。

ポリッシュホイールタイプ別2

次のタイプは左画像の様にアルミホイールのリム部(淵の部分)に立ち上がりのあるタイプです。
このタイプは損傷の状態で修理範囲が変わります。リムの立ち上がり部分の軽度の損傷の場合は①が施工範囲となり、溶接が必要な深い傷や②施工範囲に出来た傷は②を施工範囲とします。

ポリッシュホイールタイプ別3

次のタイプは上記2タイプと違い、リム部とデザイン面に境界となる部分がなくデザインが一体となったタイプのアルミホイールです。
このタイプは基本的には施工対象外となるタイプですが、費用、時間に拘らないのであれば、コンピューター制御の旋盤でダイヤカットする方法がありますが外注となります。

④ アルマイトタイプ

アルマイトホイール

一見するとメッキの様に見えますが、損傷部の下地がアルミ色であればアルマイトで、下地に赤茶色などの色がみえればメッキの可能性が高いです。基本的にはポリッシュ同様の修理施工範囲を鏡面仕上げをしますが、元と同様の光沢迄は復元出来ません。ご了承下さい。

» アルマイトホイール修理料金表

  ▼ アルマイト タイプ別施工イメージ

アルマイトホイールタイプ別1

アルマイトタイプにもポリッシュ同様タイプがあります。
左画像のようにアルミホイールのリム部(淵の部分)に立ち上がりのないタイプではポリッシュタイプ同様、傷の大小に拘わらず緑矢印内が施工範囲となり赤矢印部に施工部と未施工部の境界ラインが出来ます。

アルマイトホイールタイプ別2

こちらのタイプはリム立ち上がりのあるタイプです。
このタイプは損傷の状態で施工範囲が変わります。リムの立ち上がり部分の軽度の損傷の場合は①が施工範囲となり、溶接が必要な深い傷や②施工範囲に出来た傷は②を施工範囲とします。

施工対象外ホイール
メッキホイール
  • メッキ加工されたホイール
  • 割れや大きな欠けの発生しているもの
  • 歪みや曲がりのあるもの
  • 表面にゆず肌の様に凹凸加工されているもの
  • 一般塗料では再現出来ない特殊塗装が施されたもの
  • ポリッシュのディスク面
  • アルマイトのディスク面
  • カラーアルマイト処理されたもの

以上につきましては、施工対象外となります。又、車輌に着いたままでの施工は致しておりませんので、車輌から外した状態でお預かりさせて頂ける場合に限らせて頂きます。ご了承の程お願い申し上げます。

※可能なケースもある為ご相談下さい。

check ▼ タイヤは消耗品、少しでも費用を浮かせたいならこちらがオススメ! ▼
PR PR  
↑ ページのトップへ
【ティーアール.ワン】ロゴ2 アルミホイール修理(ホイールリペア)、革シート(レザーシート)、ステアリング、ダッシュボード補修専門店の【ティーアール.ワン】 お見積もり、お問い合わせはこちらから
サービスメニュー
アルミホイール修理(ホイールリペア)のページへ
インテリアリペア(自動車内装)のページへ
インテリアリペア(自動車内装以外)のページへ
マニキュアコートのページへ
プラスティックポリッシュのページへ
ご利用案内
お見積もり、お問い合わせのページへ
ご依頼方法のページへ
出張施工のページへ
Q&Aのページへ
バー

モバイル版はこちらから

QRコード