アルミホイール修理(ホイールリペア)自動車内装補修は長野北信「TR.one」

アルミホイール修理(ホイールリペア)、革シート(レザーシート)、ステアリング、ダッシュボード補修専門店の【ティーアール.ワン】

アルミホイール修理(ホイールリペア)自動車内装補修は長野北信「TR.one」で!!

QアンドAよくあるご質問
Q. 補修依頼品を持ち込む事は可能ですか?
A.
誠に申し訳ありません。当方は店舗を構えておりません。お尋ね頂いても対応出来ませんので宅配便をご利用頂くか、須坂市周辺のお客様でしたら、ご連絡頂ければお伺い致します。またお車の乗り入れなども出来ませんのでご了承の程お願い致します。

Q. ホイールリペアで修理不可のものはありますか?
A.
はい、残念ながらクロームメッキ、スパッタリング(メッキ風塗装)、マグネシウム、ブロンズアルマイト(色付きのアルマイト処理された物)などにつきましては施工設備が御座いませんので施工対象外となります。
※ 現在外注にて対応中です。ご相談下さい。

Q. ホイールリペアは傷部分のみの修理になりますか?
A.
はい、修理は傷のある部分となり、無傷のオリジナル部分は出来る限り残すよう施工致します。但し、磨き仕上げの必要なポリッシュタイプ、アルマイトタイプは基本的にリム全周の施工となります。

Q. ホイールリペアで曲がり、歪みの修正はしないのですか?
A.
申し訳ありません。現在設備が無い為お受けしておりません。近く導入予定です。
※ 現在外注にて対応中です。ご相談下さい。

Q. ホイールリペアでの仕上がりはどの程度になりますか?
A.
まず塗装タイプ(シルバーメタリック、ハイパーカラー、特別色など)の場合は殆ど違和感無く仕上がりますが、100%同色とは成りません。又、複雑な形状の場合は手作業での整形に限界が有る為、若干違和感の出る場合が御座います。予めご了承の程お願い致します。
ポリッシュタイプやアルマイトタイプのような、磨き処理にて仕上るタイプのアルミホイールは、元と同じ光沢やヘアーラインの再現は出来ません。小さな傷であってもリム全周を研磨し傷を処理する為、仕上がりが元とは差が出易いタイプのホイールになります。

Q. インテリアリペアで施工可能な物は何ですか?
A.
基本的には素材によって判断します。主に本革(レザー)、合皮、ビニール、プラスティック、モケットなどが施工対象素材となります。但し革、合皮製品、ビニールでも模様や柄の有るもの、グラデーションのような塗装の施されたもの、エナメル処理されたもの、プラスティックではウッド調パネルや高光沢処理のされた素材については再現出来ない為施工対象外となります。

Q. 革製品であればどんな種類の革でも施工出来ますか?
A.
申し訳ありません。まず、スウェードやバックスキンの表面状態は、リペアやコーティングで再現できません。また、ヌバックのように、もともと表面にコーティングされていないものや染料で仕上げられた革製品は施工出来ません。

Q. モケット以外の布製シートのリペアは可能ですか?
A.
基本的には施工可能ですが、プリントされた模様や織り目を全く同じに再現する事は出来ません。また、補修痕が光などで反射するとシミの様に見えるケースが御座います。

Q. 施工をお願いした場合の支払い方法はどうなりますか?
A.
宅配便でのご利用の場合は、正式お見積もり後、弊社指定の口座にお振込み頂きます。(振込み手数料はお客様ご負担でお願いします。)入金確認後施工となります。出張施工の場合は、現場にて正式お見積もり後、現金にてお支払い頂き、その後施工となります。

※ ご不明な点はお問い合わせ下さい。
↑ ページのトップへ
ホイール修理、自動車内装補修(インテリアリペア)専門店のティーアール.ワン アルミホイール修理(ホイールリペア)、革シート(レザーシート)、ステアリング、ダッシュボード補修専門店の【ティーアール.ワン】 お見積もり、お問い合わせはこちらから
サービスメニュー
アルミホイール修理(ホイールリペア)のページへ
インテリアリペア(自動車内装)のページへ
インテリアリペア(自動車内装以外)のページへ
マニキュアコートのページへ
プラスティックポリッシュのページへ
ご利用案内
お見積もり、お問い合わせのページへ
ご依頼方法のページへ
出張施工のページへ
Q&Aのページへ
バー

モバイル版はこちらから

QRコード